FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧家 井上邸の内覧。

     井上邸①        井上邸②
    少し前に倉敷美観地区にある「井上家住宅」を解体前の状態を見れる説明会があったので
    見にいきました。 解体しながら調査を進めていく上で、いろいろな状況が発見できたようで
    ざっくりですがまとめて説明してくれました。
    倉敷で現存する建物の中では1番古いらしく、まだ倉敷村と言われてた300年前に棟上げ
    されていて、何度か増築を繰り返し昨年まで観覧できてたようです。
    雨漏りがひどく床下も石の上に乗せただけで湿気も周って傷みが激しい状態でした。
    柱の下は腐りでスカスカになっていて「よくぞ持ちこたえてたなぁ~」と思いました。
    井上邸③         井上邸④
    さすが無垢材「300年経っても大丈夫!」って言える程、がっちり組まれています。
    昔の工法にはいくつかの弱点もありますが、先人の大工さんの知恵と技術もしっかり
    見る事ができ参考になったり勉強になりました。
    今では当たり前となった事ですが、実は倉敷で初めて2階に窓を付けたのが井上家だったらしく
    いくつか証拠になる図面や痕跡が発見されたそうです。 下右の写真のように妻側に
    窓があり雨が当たりやすい所にも、ちゃんと小ひさしがしてありました。
    天板が木製なので傷みは激しいのですが、雨水に強い材料を使ったりして工夫してあり
    窓枠を含め窓はほとんど腐って無く開閉もできていました。
    先人たちは観念、工夫して、その当時あった材料で最高の建物を残してくれました。

    観覧した後、しばらく頭の中でタイムスリップして、300年程前の倉敷の姿や職人の心粋に
    感心して、もの想いにふけっていました。
    また再生・再現して観覧できるようになったら、行ってみたいと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。