FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一畳台が出来上がり、納入しました。

    一畳台①  一畳台②
    
    昨年、一組のお施主様より御依頼の一畳台を納入してFBに投稿したところ、少しずつ
    注文が増えてる一畳台を納入してきました。 
    このお客様は二セット御入用とのことで納めてまいりました。
    これから春に向けて家族や親戚が集まり、家の屋外でBBQや日向ぼっこにも使える
    多目的なモノです。
    
    国産無垢材で造った「魅せる事も使うこともできる」便利な一畳台として
    使ってもらえたら幸いです。

スポンサーサイト

木材市場でのセミナー。

      県南積み込み①  県南積み込み③     

      最近の家づくりに関するセミナーは講師の先生の都合や人数の関係で会場を借りての開催が
      多いのですが、2020年問題に対応すべく市場でも自社の会議室で開催しています。
      建築業界も刻々と時代の流れを感じさせられ、お客様の想いをよりいっそう学んで活かす事の
      大切さを知りました。

      ちょうど市の日でもあり、セミナー前にちょこっと覗いてみました。
      無垢材はグレードの高いモノが需要がないので、かなり安く売ってましたが、
      現在の家を建てる方のニーズはその方向にないのでスルーせざるを得ません。
      無垢材と言ってもいろいろあるので、需要と供給のトータルバランスを見て適材適所に
      利用してお施主様が納得してもらえる家づくりをしていきたいと思いました。
      

材木の初市(初売り)にて。

                    杉 小幅板2016 1月

         今年の初市で仕入れた杉の板です。 このようにある一定の坪数で梱包してあります。
         初市特価で仕入れができたので、これを束単位で木目や色合いを見て使う場所を
         判断します。

         数年前から市場仕入れも私がしてるので適材適所に使えるよう判断する事が
         案外難しいんです…
         見誤ると良いモノを適切な単価でお客様に提案・提供できなくなるので…
         市場では慎重に見て乾燥具合や時期・価格などに加え、ネットでは分からない情報は
         実際に市場でうまく聞き出して判断要素に取り入れます。
         大工の技術もさることながら、良質な無垢材を適価格で使って体感してもらって
         はじめてお施主様が納得できる良い家ができると思っております。
         
         あと一番大切にしてるのは、弊社に御縁のできたお施主様・お客様とのつながりです。
         無垢材の違いの分かるお施主様… ともに納得できる家を造りましょう!

2015年、会社の忘年会!

        2015忘年会 ①      2015忘年会 ②

        今年も恒例?の弊社の忘年会をしました。 以前は鍋や魚の仕出しといった年も
        ありましたがここ数年は焼き肉で〆の宴です。 私を含め何人かに聞いた話だと
        数日前から胃にもたれないよう食べ物で調整してこの宴に臨みます。
        弊社でお店を新築させてもらった御縁もあり、良質な良いお肉や野菜、少しずつ
        メニューのレパートリーが広がりつつあるオススメも提供してもらいました。

        2015忘年会 ③      2015忘年会 ④

        ↑全体的に分厚くカットしてあり、食べると口の中でとろけるような
         食感(うまく例えれません)が感じられました。
         お酒のペース配分に気をつけながら美味しくいただきました。

        2015忘年会 ⑤      2015忘年会 ⑥

        ↑石焼ビビンバもコンパクトにまとめて来ましたが、御飯を広げて混ぜると
        ずいぶん量が増えてましたが、平然と食されてました。
        (私は小食な方なのでとても食べ切れません(笑))
        いつもお世話になってる協力業者さんと、楽しいヒトトキを共有できて
        感謝しております。

        「お客様の一組一組が納得して頂ける良い家づくりを目指して邁進していこう!」
        とのシメの言葉で忘年会を終えました。



  

倉敷の重要文化財(工事中内の見学)

     組み直し② 組み直し① 
       
     組み直し③ 組み直し⑤

        先月、文化財建物保存技術協会が依頼を受け2014年から執り行ってる工事途中の
        見学説明会?に参加してきました。 
        昨年の解体直後の見学説明会にも参加させてもらい、約300年前の木造旧家の
        全容を見せてもらった時も「良く持ちこたえたなぁ~」
        木の特性を活かし先人の職人達の知恵が随所に見られて感動しました。
        古き伝統工法のすごさを改めて思い知らされました。 右上の写真にもあるように
        構造材に雨漏りが原因で水分を含んで腐って身の部分が無くなっていることから
        しても雨漏りはもちろん建物内に湿気や水が廻らないようにすれば、もっと長持ちして
        痛みもここまで浸透しなかったのでは…?と思いました。
        
        あと、私が感じたのは「無垢材で建ててるからここまで持ちこたえたのだろう!」と
        思いました。
        
     組み直し⑥ 組み直し④

        じっくり調査をしながら解体~データを取り腐敗の激しい部分だけ交換して、
        できるだけ当時の雰囲気を感じられる旧家が2017年に完成予定だそうです。
        現在の工法に取り入れられる部分は参考にしながら来年の説明会も
        拝聴したいと思いました。

        また、それとは別に約300年前の民家の歴史の重みを感じながら訪れると、
        お城のように権力で技術力を買うのとは違い、庶民の生活が少しでも豊かになるよう、
        限られた資源、材料を各職人の知恵と技術でまかない造った家を近くで見れるのも
        感慨にふけって感性も豊かになるのではないでしょうか…?



 
プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。